レスキュー日記

養豚場からの排水脱窒処理

養豚場を営む事業会社の方とお話ししました。排水基準を一応下回っているものの、数値は微妙とのこと。

現在私たちが取り組んでいるのは、硫黄脱窒法ですが、今後、畜産農家の皆さんが、厳しい規制をクリアしていくために、メタノールのランニングコスト増や添加コントロールの手間、またメタノールの代替となる炭素源の安定入手も容易ではないことを考えたときに、私たちの脱窒ペレットが、お役に立てると思いました。

水処理でお困りではありませんか?